社員インタビュー

岡崎オーワホテル

佐宗加奈




新しい業務にも挑戦。

朝食のレストラン業務から一日は始まります。料理長のサポート役として、料理の提供・加熱・サラダの盛り付け等を担当。一日のスタートとなる朝食の場を、少しでも快適に過ごしてもらえるよう気を配っています。また、レストラン業務の後は、フロント業務に移ります。パソコンを使った業務が多く、宿泊いただいたお客様の情報を一覧にまとめたりなどしています。
実は、入社した当初はレストラン業務だけを担当していました。朝食の時間が終われば自分の業務も終わり。朝早い代わりに仕事終わりも早いというライフスタイルに居心地の良さを覚えてはいましたが、「フロント業務もやってみない?」と声を掛けてもらったためチャレンジすることにしました。実際働いてみると、先輩方が丁寧に教えてくれるため、自分でも驚くほど無理なく続けることができています。





心を込めて言葉を伝える。

普段から心掛けているのは、挨拶・お礼を機械的にしないということです。業務上、挨拶やお礼を言葉にする機会は一日何度も訪れます。その際、心が込められているか否かはお客様に必ず伝わるものだと思っています。そのため、反射的に早口で言葉にするのではなく、ゆっくりお客様の目を見て伝えます。
アンケート用紙に『フロントの対応が良かった』と書いていただけることがあり、それを目にしたときはすごく嬉しい気持ちになりますね。